インド2014

2014年03月16日

2月19日

今日、初めて女のドクターに会った。
アレックスの話によると、彼女がトップドクターた。
初日と同じように問診表に沿って手際よく問診を進め、トリートメントルームまで一緒に来てくれて指示を出していた。
アビャンガのあとは、本物のピッッリ\(^-^)/
最高に気持ちいい!
膝へのケアも今日はオイルた!
最初から診てもらいたかったが、先の日程も説明してくれて一安心!
思えば、もうあまり日がない。

イメージ 1

カフェで一息ついたらカタカリダンスを見に行こう!

nekonchi at 02:21|Permalink

2月21日

昨夜は予定より早く、10時には第1便か(*≧∀≦*)
そして11時からしばらく、いや、かなりの時間をトイレで過ごす。
死んじゃうんではと思うほど辛かった。
寝ては起き、何度かトイレに通ったが、朝にはすっかり~

イメージ 1

ドクターに昨日の報告をして、朝ごはん。お粥のみ。
遅めに行ったので昼まではあまり辛くなかった。
トリートメントはアビャンガとハーブパック。

イメージ 2

一休みして両替に行き、夕飯まで時間があるのでカフェでラッシー
コーチン行きを決めたのでバルカラ滞在はあと3日。なんだか真面目な生活をしていることがばかばかしくなってきた。
でも、今夜の夕食はライスとスチームベジタブル

nekonchi at 02:16|Permalink

2014年02月21日

2月16日

日曜日、なんだか少し疲れたので、朝の散歩も、ヨガも今日は休むことにした。
なんせ、昨夜はいつにも増す大音量が鳴り響きあまり眠れなかった。
深夜2時頃の花火の音とともに、夜な夜なバーディが開催されていて、中でも昨日は賑やかだったが、突然、停電とともに静まりかえったのは
朝4時すぎ。

トリートメントは3時30分
アビャンがとエラキリ。またか?
でも、以前とは
朝のんびりしたので夕方の散歩は北側のビーチへ

イメージ 1

ここから先は店もホテルも少なくて、とても静か。
点在するホテルの規模も大きくゆっくり過ごすならこのあたりがベスト!
ただ、夜は街灯のない道を歩かなければならないので女性の一人旅なら夕飯はホテルでとることになる。
アーユルヴェーダを受けるならこういう場所のほうがよいのでは?と思う。

イメージ 2



nekonchi at 18:07|Permalink

2月15日

朝食を終えると、日本は、雪が降り始めていると《*≧∀≦》
しかも、今回の方がひどくなりそうとか?
心配しても始まらないので無理しない程度に頑張って!と伝えた。


ネットが繋がらない不便さを解消するため、散歩中に見つけたvordafonの看板があるショップまで、歩いた。
デリーのカードだからと最初はむげにされたが、粘る私に根負けし、色々調べてくれた。後から来たお客さんも巻き込んで試してもチャージも設定もできている。考えられるのはsimカード自体のトラブルだが、広いインドでは州ごとに支店が異なりデリーでしか対応できない。
もしかしたら、最初から?
そんな気がするので、デリー空港でsim購入を考えている方は要注意!
疲れたのでちょいとお茶!

イメージ 1


その店からホテルまで約2km。
遅めのランチを終えトリートメントに向かうとベテランセラピストに何か甘えごとを言っている。
嫌な予感は当たった!
二人で行うトリートメントに仲良しの女の子が来て、おしゃべりに花が咲く!
上手ければまだいいが、残念ながらこれまでで一番最低だった。
アビャンガにエラキリ。話に夢中で力は入らないし、息も合ってないm(。≧Д≦。)m
これはもう我慢できない!

nekonchi at 18:01|Permalink

2月14日

トリートメントが午後なので、バルカラビーチまでお散歩!
私がいるホテるから始まる崖沿いにならぶ賑やかな通りの終点だ。

イメージ 1


この辺りには安そうなゲストハウスが
たくさんあり、ビーチにはインド人も沢山いて、なにやら占いか、おまじないをしているような光景がなかなか面白かった。

イメージ 2

内陸側のみちから帰ってみると、ごく、自然な感じの街並みになり、なんだかほっとした。

イメージ 3

日本は、明日からまた大雪の予報が出ているというなか、真夏の海にいる自分。
本当に世界は広い!

今日のトリートメントは昨日と同じ
アビャンガとピッッリモドキ
夕暮れ時は毎日海沿いを散歩しているが、今日初めて水平線に沈む夕陽を見ることができた\(^-^)/

イメージ 5


夕食に向かうとビュッフェがない?
(//∇//)

イメージ 4

一人分の食事ができた。
先に食事をしていたイギリス人アントニー
が、毎日夕飯がつくのはアーユルヴェーダのバックでパンチャカルマを受ける人とツーリストの初日だけ。他は自由にどこかのレストランで食べられるようになっていると聞き納得!

このホテルの隣に、ライブなどもやる広いレストランがある。
毎晩、ものすごい音量でクラブミュージックをかける。夜中にはあちこちで花火の音がして目を覚ますま!Σ(×_×;)!
アーユルヴェーダにはあまり不向きな立地に思え、自分の選択ミスを後悔しながらも、来たからには楽しむしかない。
ここはインド!
お気楽、ご喜楽でいくのを忘れてた(^-^)(*^ー^)ノ♪

nekonchi at 17:59|Permalink